羽田空港で移送うさぎを受け取る之巻

飛行機で移送されたうさぎの受け入れをされるボランティアの方の参考になるよう
メイプル(仮)たちを迎えたときの手順を書きます

猫の保護サイト内の羽田での受け渡しについてのページです
とても詳しくて参考になりました。
http://norwegian.beginners-cafe.com/kuuyuhaneda.html

もし、こういった動物を貨物で受け取るノウハウをお持ちの方がいましたら
コメントで補足いただけるとありがたいです。


上のサイトの情報にメモしたことを補足します。

※貨物の受け取りには身分証明書が必要です。忘れず持参しましょう。※

羽田空港の旅客ターミナルについたら1階15番バス停から循環バス(100円)で「西貨物」まで乗ります。
第一旅客ターミナル(JAL系)第二旅客ターミナル(ANA系)どちらからでも乗車できますが
第一からの方が若干近いです。

バスは平日昼間は毎時 03 18 33 48 と15分間隔で運行しています(2012年6月現在)


「西貨物」で下車後、左手に進み道路を渡って左前方の入り口に向かいます。
守衛さんの所で「貨物の受け取り」の旨を伝え「到着時刻と便名」を告げの用紙に名前を書いて入場証を受け取ります。

守衛さんにも係員さんにも「荷物は便の到着後45分くらいかかります」と真顔で言われますが周りはただの倉庫なのでひたすら待合室にいるしかありません。
あらかじめその分を見越してバスの時間を調整した方がよさそうです。


今回は4匹のうさぎ(キャリー入り)とそれぞれの飼育用品を送ってもらいました。
キャリーには発送人と受け取り人の住所氏名が書かれた札が結び付けられています。
飼育用品は個別にするとその分費用がかかるので一括して代表者あてにしてもらい、到着後に4人で荷分けしました。
うさぎ達を受け取ったらすぐに健康チェックです。
(離陸の1時間前には預けなければならないので飛行時間プラスその前後1時間ずつくらいはお水を飲めません。)
様子を見てお水を飲ませたり新しく野菜をあげたりしました。保護主さんがうさぎの数分のシリンジを入れてくれたので助かりました。

これはうさぎ達を預かってからバス停で撮った写真です
飛行機に乗せられるタイプのキャリーなので保護主さんが藁マットや水分補給のための野菜をいれてくれていました(野菜をいれちゃダメという係員さんもいたようなので事前にそっと聞いておいた方がよさそうです)

CIMG2432.jpg

初めて飛行機に乗ったメイプル(仮)よく頑張りました
他の子も無事でした
CIMG2436.jpg


ちなみにバス停の周辺は何もありません
CIMG2434.jpg

以上、受け取りの時のメモです。
移送のお手伝いでまた同じところへ行くのでこれは!ということがあったら書き足します。




ランキングに比例して注目度があがります
こういった活動のなかで生きているうさぎ達がいることをもっと知ってもらいたいので
ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 うさぎブログへ
関連記事
スポンサーサイト
Category: うさボラ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する