改正動物愛護管理法と沖縄うさぎ

いつも沖縄うさぎの応援ありがとうございます
沖縄うさぎって?という方はをこちらを先にお読みください

すぐ更新するつもりが遅くなってすみません
そして今日はこの暑いなか、先月18日に手術したつむじちゃんの術後のチェックと腹膜炎の診察のため
保護主さんは病院へ行っています。急きょティガーくんも通院しています。
明日はティアラちゃんとかなさくんが手術です。みんな無事に終わりますように!


さて9月1日より改正動物愛護管理法がいよいよ施行されますね。
不幸な目にあう子たちが少なくなるように護るきまりができたところで
ここからが始まりなのですよね。

私もうさぎを飼育している者として
また保護うさぎたちのサポートに関わる者として正しい知識をもって、
それを周りにどんどん伝えていかなければと思っています。


【資料】
<地球生物会議ALIVE> ※1年前の時点の記事ですが概要はこのページの記載が理解しやすいです。
ここが変わる!動物愛護法改正のポイント
http://www.alive-net.net/law/kaisei2012/kaisei2012.htm

<環境省>
パンフレット「動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました <動物取扱業者編>」
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2508a.html
パンフレット「動物の愛護及び管理に関する法律が改正されました <一般飼い主編>」
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2508b.html


ところで、この改正法の中で新たに「第二種動物取扱業」が設けられました。
これについてはうさぎSUMMITでおなじみのディブルさんのブログ
8月18日の記事で書かれているのでまずお読みください。
「動物保護施設も届出が必要になりました。」
http://ameblo.jp/dibble/entry-11594432583.html


では「沖縄うさぎ」の活動(現在の保護主さん宅での飼育)が
はたしてこれに該当するのか
所轄の東京都動物愛護相談センターに電話で問い合わせました。

担当の方は最初「うさぎ10匹!?」とかなり驚かれましたが
飼育者(保護主さん)の代理としてこれまでの経緯と現在の飼育環境などをお話し、
「第二種動物取扱業」について確認したうえで
気になっていた以下の3点について答えていただきました。

・届出の義務について
・届けることのメリット
・届出にかかる費用

まず「届出の義務」ですが
「沖縄うさぎ」の活動(現在の保護主さん宅での飼育)についてはこの「第二種動物取扱業」に該当しないという回答となりました。

保護団体のシェルターなど、譲渡により一時的に数が減ってもまた再び保護動物が増える、つまり
「継続して一定頭数以上の動物を飼養する」施設については届出が必要、
逆に「継続性のない」譲渡する動物の自宅での飼養(自宅での預かり含む)については届出の義務はないということです。

「沖縄うさぎ」はこの10匹の里親さん探しの活動なので
今後減ることはあっても増えることはないため「第二種」の届出は関係ないというわけです。(ほっ)

そして「届けることのメリット」については
「登録いただいた住所に法改正のお知らせを送ります。でもホームページでもお知らせする内容なので・・。」とのことでした。
「届出にかかる費用」は届けだけなので無料とのことです。


この先「沖縄うさぎの活動は第二種に該当するのでは?」と聞かれたときのために
ここに覚書として残しておきます。
(確認日 2013年8月26日、確認先 東京都動物愛護相談センター多摩支所)


にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 里親募集へ
うさぎ達が1日も早く、優しい家族に迎えられますように
幸せを祈るみんなの思いが届きますように



関連記事
スポンサーサイト
Category: 未分類

コメント

届出でだけでよかったぁ、ほっ==3

2013/08/30 (Fri) 23:08 | かにこ #- | URL | 編集
かにこさん

かにこさんも該当しますか?

特段のメリットもなく費用だけかかったら
踏んだり蹴ったりになるところですよね

2013/08/31 (Sat) 01:54 | るこ丸 #- | URL | 編集

今の保護っ子達の数では該当します
トライアルに出る子がいるので減りますが、日程にもよります
うちも聞いてみなきゃです(;^ω^)

2013/08/31 (Sat) 09:40 | かにこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する